• ホーム
  • 女性は早漏と遅漏どっちが好き?

女性は早漏と遅漏どっちが好き?

早漏と遅漏の違いは射精に至るまでの時間が違うことで、早漏の場合はペニスを挿入して直ぐに射精に至るためペニスの挿入時間が短い特徴があります。
一方、遅漏の場合はペニスを挿入してもなかなか射精に至らないため、ペニスの挿入時間が長くなってしまう点が存在します。
女性は性交の満足度を得るためには、早漏より遅漏の方が満足度が高いと言われている一方で、意外と早漏気味の方が好きという意見も存在します。

その理由としては、女性は体力的に男性と違い劣るケースも多く、挿入時間が長時間になってしまうと体力に限界を感じたり、疲れるといったことが理由となるからです。
つまり遅漏だと挿入時間が長いことで体の負担が大きくなるため、そのままペニスで摩擦を受けることは快感どころから苦痛でしかないという点もあります。

実際に女性を対象としたアンケートをとったところ、多くの女性が遅漏よりも早漏の方が良いという統計結果も出ています。
反対に男性の意見としては挿入時間が短い早漏気味は嫌われるという意見が存在しますが、その男性が考えているほど女性は気になっていないのが本音だったりします。
そして早漏の方が体力の限界や疲れるとの兼ね合いからも早い方が楽だとする意見と、射精しないと男性が満足しているか気になってしまうという意見もあります。

一方では遅漏の方が好みの方は丁寧に楽しみたい、先に射精されると不満足だとする意見となっており、若干性交自体を楽しみと捉えている方も少数意見として存在します。
つまり女性が遅漏を好む理由としては女性の性欲の強さに影響し、性欲が強ければ強いほど挿入時間が長いのを好み、ペニスの摩擦による快感を得たいと考える人が多くなります。
アンケート結果からすると遅漏より早漏の方が多い傾向となっていますが、遅漏になる原因としてはオナニーのし過ぎでペニスの感覚低下を引き起こしている点があります。

男性の性欲を発散される方法としてオナニーが行われますが、性交とは違った形で得られる快感になれてしまい、性交時の感覚低下を引き起こしている懸念が生じます。
早漏気味の男性が好まれることもあるため、遅漏克服を行うことは重要となります。

遅漏克服法はあるの?

遅漏克服法とは、性交時にペニスを摩擦しても射精をしないため男性の挿入時間が長くなってしまうのを克服する方法のことです。
半数以上の女性が遅漏よりも早漏の方が良いとする統計結果が出ていますので遅漏を克服することは重要です。
実際にその克服方法としては幾つか存在し、オナニーの仕方を検討する、精力をアップさせる、また女性との性交時の体位を考えるという点が存在します。

精力アップは現在、草食系の男子が増えていることも影響していますが、精力自体が減退している可能性があり、女性を見ても何も思わない点があります。
つまり遅漏の原因は男性の体力・精力自体が減退しており、なかなか快感を得ることができず射精に至りにくいのが原因です。
そこで精力剤の服用や精力をアップさせる食品などを食べる等による克服方法も存在します。
精力アップすることができれば、自ずと射精しやすい体になることとなります。

他に男性が好むオナニー慣れをしてしまうことでペニスの感覚低下を招いている点も主要な原因の一つです。
実際に膣に挿入した状態の様な感覚で摩擦を得てオナニーに変えることで射精しやすい体にすることがポイントです。
男性オナニー専用グッズが販売されていますが、そういった商品は膣に挿入した時と同じ感覚を産み出す様に設計・開発されているため、それを利用してオナニーを行うと優れています。

さらに性交時の体位に拘ることもポイントで、射精はペニスの摩擦による快感の上昇と興奮状態によって引き起こされるため、興奮しやすい体位を実践すると良いです。
特に騎乗位だと女性のバストの揺れを見ながら動くこともできるため、興奮を得やすく射精に至りやすい体位かもしれません。
また男性が足を伸ばせる体位だとお腹周りに力が入る状態になり、射精しやすくなるため、足を伸ばせる体位を実践することが遅漏克服には重要となります。

関連記事