• ホーム
  • 早漏改善スプレーは扱いやすいので試してみよう!

早漏改善スプレーは扱いやすいので試してみよう!

早漏は心理的なものと肉体的なものがあります。
心理的なものとしては過剰に興奮してしまうことにより、射精をコントロールすることができず至ってしまうことです。
性欲が盛んな若い時期や女性経験が短いことによって発生するため、カウンセリングなどで考え方を変えるか経験を積むことで改善することができます。
一方で肉体的なものとしては刺激を感じやすいものがあります。
射精をコントロールしているものは精神的なものですが外部からの刺激によって興奮状態となり至るプロセスを経ますがこの刺激の感じやすさは個人によって変わってきます。
このため感覚を鈍感にすることで射精に至るまでの時間を長くすることができます。

なお、早漏の中には病気によって発生することも知られています。
病気としては前立腺炎や尿道炎、糖尿病、自律神経失調症などがあります。
前立腺炎や尿道炎は炎症によりペニスへの刺激が継続的に続いていることによって発生します。
炎症を起こしている場合には、まずはこの炎症を治す治療を優先する必要があります。
一方で糖尿病や自律神経失調症は神経の高ぶりによって発生するものであり、早漏のほか正反対の勃起不全になる場合もあります。

いずれにしても正常な心身であるにも関わらず早漏になってしまう場合には、使いやすい早漏スプレーで改善を試みて見るのも手段です。
早漏対策として服用するタイプの薬もありますが、日本ではあまり売られていませんし、服用するタイプの薬は神経伝達物質に作用するため、副作用のリスクが高いデメリットがあります。
一方で早漏スプレーの場合には麻痺させる成分を含み、これによってペニスが受ける感覚を鈍感にすることができ、射精までの時間を延長することができます。
また即効性や携帯性も良く使用方法も定められた時間前にスプレーすることでその効果を得ることができるので事前に服用しなければならない薬と比べても使い勝手が良いメリットがあります。

ムズメンやフェミニーナは早漏防止に効果ある?

早漏スプレーと銘打って売られているものは数多くありますが、共通しているところは麻痺させる成分が含まれているということです。
いわゆる局所麻酔的なものといえますが、本格的な麻酔とは異なりその効果は一時的なもので、成分が抜ければもとの状態に戻ります。
副作用も少ないのが大きなメリットといえます。成分としてはリドカインが含まれているものがほとんどです。
使用方法に関してはペニスに塗布するだけでスプレー状のものであれば満遍なく塗布できるので即効性も高周ります。
スプレーの場合には回数は2、3回程度で十分な効果が出ますが、吸収には個人差があります。
僅かな量で十分ですので携帯性にも優れます。

一方で、早漏スプレーとして売られているものは比較的高額で売られており代替できるものとして市販薬のムズメンとフェミニーナがあります。
ムズメンは男性向けでフェミニーナは女性向けですが、いずれも共通しているのはリドカインが含まれているということです。
また陰部への塗布を前提としているのでメントールなどが含まれず陰部への刺激がないことです。
ただスプレーではなくクリーム状ですので塗布する場合には指を使って塗る必要があります。

使用方法としては行為の15分から20分前に亀頭周りや裏筋など敏感なところに塗布します。
時間が経過すれば麻痺してくるのでしっかりと落とします。
早漏スプレーでも同様ですが、落とさずに行為に及ぶと女性の接触面に麻痺が移る可能性があるため念入りに落としておく必要があります。
なお、リドカインの麻痺効果としては30分程度であり、この間はペニスへの刺激はかなり減るため刺激性の早漏の場合には十分な早漏防止の効果が期待できます。

関連記事